2012年08月02日

ロンドンオリンピックで一番気になったもの

2012年オリンピックイヤーです。ていうか今、まさに真っ最中。

ぞくぞくとメダリストが誕生している中

私が気になったもの、それは、、、”Bouquets”、そう!花束かわいい

メダルと共にメダリストに渡される”ヴィクトリーブーケ”とぉ〜っても素敵ぴかぴか(新しい)

やはり、というか、さすがというか、英国ですね。

実に英国らしい!

あの、ステム(枝)を切りっぱなしにした素朴な感じ。

バラとハーブと小麦をあわせるセンス。

なんて素敵なの!

で、誰がデザインしたのか?、、こちらです↓

http://www.jane-packer.co.uk/UK/Olympics/Olympics.html

ジェーン・パッカー


言われてみれば、ありましたね、バブルの頃にひらめき日本にも進出なさいましたよね。

フラワーアレンジメントスクールやっていらっしゃいました。

あの頃なんか流行ってた気がする。フラワーアレンジメントって。私も行った記憶が、、私が行ったのはコンスタンススプライだ(懐かしい)

サザビー系列で銀座と汐留めにショップもございます。

(残念ながら、ジェーンさんは昨年11月52歳の若さで他界されております。)

今まで、オリンピックは何回も見てきましたけど、ブーケに目を奪われたのは初めて揺れるハート

亡くなってから、まだ1年もたっていないということは、多分ご本人がデザインされた可能性が高いと思うのですが

多分選んだ花の一つ一つに意味がこめられているのでしょう。

4種のバラはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドを意味しているのでしょうか?

イングリッシュラベンダー、ローズマリー、アップルミント、ウィート

ウィート!?麦よ麦!麦入れようなんて普通考えないわよね。

せいぜい、バラにかすみ草でしょ(ペキン五輪の時がそうでした。しかもべたに赤いバラ)

もうぉ〜〜さすがジェーン!

クリエイティブって、こういうことね。

posted by サイミー at 14:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会見学@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

カシミヤと環境問題

こんにちは、丸山です。

皆さんに是非知ってほしいことがあります。それは、、、

私たちが何気なく着ている”服”が他国を砂漠化させていることです。

カシミヤこれが、問題なんです。

肌触りが良いいですよね。

近年、値段もこなれて買い求めやすくなりました。

その背景に次のような問題が起こっていたのです。

普通のセーターは羊の毛です。

カシミヤはカシミヤ山羊からとれるんですね。

この羊と山羊では、草の食べ方が違う。

山羊は根こそぎ食べてしまうのです。

カシミヤの需要に伴い、カシミヤ山羊の放牧が増加、

砂漠化が進む、ということなんです。

とはいえ、カシミヤはやっぱりいいし

それが放牧民の人の収入になり、生活が良くなるなら

それも仕方がない。

ただ、日本にも黄砂が飛んできますので

人事ではないのです。

ですから、街で緑の募金を見かけたら

少しでいいから寄付しましょうねハートたち(複数ハート)
posted by サイミー at 11:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会見学@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

世界第1位の売り上げの裏側


ZARAのブラジル工場、労働法違反で訴えられる
Fashionista 2011年8月18日

記事によると  窓のない部屋で16時間シフトで働かせる。
          ブラジルの最低賃金以下で働かせる。
          14歳の少女が働かされていた。      とのこと。

ZARAといえば世界第1位の売り上げを誇るSPA(アパレル製造小売)企業。

呑気に「安い安い」と買い物している己が愚かに感じるニュースです。

じゃあ、私に何ができるの?って考えると、、、

マイケル・サンデル的究極の選択になってくる。

オシャレな服を安く買いたい!そのためにはブラジルの少女が劣悪な条件で働いても良い。

いやいや、そんなかわいそうな少女が作った服は買わない!

でも、これが売れないと、その最低以下の賃金さえ、少女の手に入らないかもしれない。

彼女は路頭に迷いストリートチルドレンとなり、ギャングによって

エイズになる可能性が高いことをさせられたあげく妊娠。

生まれた子供は5歳の誕生日を迎えることなく死亡。

(WFPによると、世界では6秒に1人が5歳の誕生日を迎えることなく飢餓で死んでいるそうです。)


、、、結局、私はどうしたらいいの?

マザー・テレサ曰く

「まず、母国の国民を助けなさい」

日本では15分に1人が自殺、、、

今夜は眠れなくなりそうです、、、
posted by サイミー at 20:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会見学@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする