2014年02月04日

一歩踏み出したら、半分は成功したも同じ

みなさんごきげんよう、丸山さえ美です。

ずっと気になっていて見ていなかった番組を、オンデマンドでみました。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀「パリの新風、人針の美学 テーラー鈴木健次郎」

この方、今は無きメンズファッション専門学校を卒業し、アパレルで仕事をしている中

テーラーを目指し、パリ留学を決意。

浴室リフォームの営業マンをして資金を貯め、留学。

AICPを主席で卒業。

人種差別という困難にも負けず、パリで名門のテーラーでチーフカッターを勤め、

独立開業。そしてパリの弁護士やクリエーターの上顧客を持ち

1着50万から数百万とうオーダースーツをお創りになっておられます。

1976年生まれの若干37歳!

すごいですね〜。

「あそこへ行く!」という目的地があるって素敵ぴかぴか(新しい)

サッカーの本田圭祐選手も、小学校の時の作文に

「ACミランの背番号10」が既に書かれていたとか。

目的地がわかっていれば、後は一歩踏み出すだけなのね。




posted by サイミー at 15:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタイリストをめざすあなたにお奨めする本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

スタイリストって、こんな感じ。「BRAND GUARDIANS」

明けましておめでとうございます。

例によって、どうたどり着いたのかさだかではないが、

おーっつ、ナニこれ!っていうのをみつけました。

本じゃないんですけど。インターネットムービーです。

2012年のクリスマス前に配信されていたのね。

全然知らんかった〜軍地さんカメオ出演してるし、干場さん俳優してるし。

とにかく。スタイリストになりたい人!すごくいいから見てください!

特に、中野裕太さんの台詞が、

最初の「体力ある?」から

”そうそうそうなんだよね〜”の連続です。

スタイリスト語録として書いておきたいわぴかぴか(新しい)

http://www.jafic.org/projects/support/ladys_2012/

なんで韓流スター?とか、なんでサスペンスチックなの?とか

中野裕太はいずこへとか、高橋ユウの足が太く見えるのはコーデのせい?

とかいろいろ疑問は湧いてくると思うけど、

中野裕太のシーンはスタイリスト的にとても勉強になります。

ついでにICONIQのシーンはプレス的にとても勉強になりますわよ。


posted by サイミー at 18:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタイリストをめざすあなたにお奨めする本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

カール・ラガーフェエルド、フィービー・ファイロとニコラ・ゲスキエールの共通点


12月2日付けのWWDのEDITOR'S VIEWで向千鶴さんが、あるテキスタイルメーカーの担当者の話として書いている記事が気になりましたので、ご紹介します。
「ラグジュアリーブランドに直接提案する時は、
オンリーワンの新作と、無難なトレンド商品を持って行く。
多くのデザイナーは、両方から自分のスタイルにあった商品を選ぶが、
ほかにないものしか選ばないデザイナーが数人いる。
代表的なのが、カール・ラガーフェルドと、フィービー・ファイロと
ニコラ・ゲスキエールだ。彼らは”無難”は絶対に選ばない」

そんなこだわりが、ニコラ・ゲスキエールがマーク・ジェイコブスの後任としてルイ・ヴィトンに抜擢された要因なのかもしれない。

フィービー・ファイロは「セリーヌでメンズをやるなら最高の素材で」の一声で、CEOベルナール・アルノーが伊)高級服時ブランドのロロ・ピアーナを買収したというお話ですし。

カール・ラガーフェエルドは、創業デザイナーのイメージを全く残していないラグジュアリーブランドが多々ある中、

ココ・シャネルのDNAを、1983年から実に30年もの長きに渡って再現している天才です。

そんなシャネルのDNAの一つであるシャネルツィードを作っていたテキスタイルデザイナーのお話がコチラ



この方、専門にテキスタイルの勉強をしたわけではないのですが、ひょんなことから機織り機を購入して、

作品をシャネルに認められ、会社を作って、、というサクセスストーリーでは

全くなく。

ドロドロした、フランス的な読み物に仕上がっております喫茶店

シャネルの冷酷さ、この時代に女がビジネスをしていく過酷さ、テキスタイル業界の裏側。

シャネルの死ぬ瞬間の描写。

まるで、小説を読んでいるような読後感でございました。

お試しあれ。




posted by サイミー at 17:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタイリストをめざすあなたにお奨めする本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする