2015年06月12日

怒られる練習

「小唄、ゴルフに碁の相手」上役に取り入って出世しようという植木等さんの歌。
1960年代始めまで、日本の会社の重役たちは3種類くらいのお稽古事を嗜んでおられた。〜中略〜「本務」ですぐれたパフォーマンスを上げるためには、「本務でないところで、失敗を重ね、叱責され、自分の未熟を骨身にしみるまで味わう経験」を積むことがきわめて有用だということがしららていたからである。ー「邪悪なものの鎮め方」内田樹より

そっか、ガンガン言っていいのね、あのパーソナルスタイリングの社長様方に。よっしゃー!










posted by サイミー at 07:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会見学@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420540657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック