2012年08月16日

ファッションと芸術

布施英利という人を知っていますか?

フセヒデトって読むんですけど、芸大の准教授で、専門は美術解剖学。

NHKの番組で爆笑問題がやっている「爆門学問」という番組にゲストででたりしています。

で、今回のテーマ「ファッションと芸術」

ぉぉ、大きくでたね。

この人の書いた「美の方程式」(講談社)


美=完璧×破れ

完璧だけでは「美」にならない。そこに「破れ」の味付けがあって美は完成する。とあるんですね〜

レオナルド・ダヴィンチの「モナリザ」も完璧ではないのだそうです。

右目と左目の見ている方向が違ったり、上唇と下唇が逆方向を向いていたり、右の頬が正面を向いていたりと

実は「破れ」の味付けがしてあるんですね〜

世阿弥も「風姿花伝」で守破離について書いています。

守  型どおりにする

破  自分流にアレンジ

離  ルールから離れ自由になる

なんか、これってファッションにも通じませんか?

完璧に上から下まできめていてもオシャレにみえない。

「ハズシ」とかヌケ感なるものが必要なんですね。



この布施英利教授、見た目もインパクトありますよ〜

いかにもなファッションですし、

もう完成されてますね。
posted by サイミー at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | malさんの知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック