2012年08月02日

ロンドンオリンピックで一番気になったもの

2012年オリンピックイヤーです。ていうか今、まさに真っ最中。

ぞくぞくとメダリストが誕生している中

私が気になったもの、それは、、、”Bouquets”、そう!花束かわいい

メダルと共にメダリストに渡される”ヴィクトリーブーケ”とぉ〜っても素敵ぴかぴか(新しい)

やはり、というか、さすがというか、英国ですね。

実に英国らしい!

あの、ステム(枝)を切りっぱなしにした素朴な感じ。

バラとハーブと小麦をあわせるセンス。

なんて素敵なの!

で、誰がデザインしたのか?、、こちらです↓

http://www.jane-packer.co.uk/UK/Olympics/Olympics.html

ジェーン・パッカー


言われてみれば、ありましたね、バブルの頃にひらめき日本にも進出なさいましたよね。

フラワーアレンジメントスクールやっていらっしゃいました。

あの頃なんか流行ってた気がする。フラワーアレンジメントって。私も行った記憶が、、私が行ったのはコンスタンススプライだ(懐かしい)

サザビー系列で銀座と汐留めにショップもございます。

(残念ながら、ジェーンさんは昨年11月52歳の若さで他界されております。)

今まで、オリンピックは何回も見てきましたけど、ブーケに目を奪われたのは初めて揺れるハート

亡くなってから、まだ1年もたっていないということは、多分ご本人がデザインされた可能性が高いと思うのですが

多分選んだ花の一つ一つに意味がこめられているのでしょう。

4種のバラはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドを意味しているのでしょうか?

イングリッシュラベンダー、ローズマリー、アップルミント、ウィート

ウィート!?麦よ麦!麦入れようなんて普通考えないわよね。

せいぜい、バラにかすみ草でしょ(ペキン五輪の時がそうでした。しかもべたに赤いバラ)

もうぉ〜〜さすがジェーン!

クリエイティブって、こういうことね。

posted by サイミー at 14:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会見学@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/284376534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック