2012年03月25日

アイロンかけは紳士のたしなみ


スタイリストにとってアイロンかけは必須スキルです。

そんなアイロンのかけ方を教えてくれる動画を発見。

イギリスのT.M.Lewinという老舗シャツメーカーのクリエイティブディレクターが教えてくれます。

日本ではアイロンかけはお母さんの仕事というイメージですが、

スーツの国イギリスではスーツのお手入れは紳士のたしなみになっておりますので

一般の男子諸君にもぜひ、できるようになっていただきたいものですね。

この動画、全編英語ですけど、キモはアイロンは滑らさずに”押す”

生地をテカテカにさせないためですね。

もうひとつ、テカテカ対策として、あて布をおすすめしています。

特別な布ではありません。日本でいうところの"布巾"を使います。

日本とイギリスの布巾のちがいは素材です。

イギリスは麻=リネンですね。

日本では、お洒落キッチン雑貨屋さんで手にはいります。キャトルセゾンとか私の部屋とかね。

アイロンは重いものがよろしいと。スチームでね。

アイロン台は幅があって、長いものがよろしいと。

さあさあ、この手さばき、とくと御覧あれ。

posted by サイミー at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | malさんの知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック