2011年12月18日

高校生なのにクオリティ高すぎです!「ランウェイ☆ビート」


ごきげんよう、丸山です。

「ランウェイ・ビート」、、震災直後の映画公開でかわいそうでした、観客動員数的に。(DVDで見た私が言える話ではないですけど)

映画を見ている間中、私が何度も発した言葉は

「クオリティ、高すぎ!


だって、だって服飾専門学校の生徒が主役の「パラダイス・キス」があの程度なのに

これ、高校生が作ってるって設定でしょ?クオリティ高すぎよ。

最後のランウェイシーンなんか、もう〜カッコ良すぎて!高校生の文化祭にはありえへん世界です。

特にデニムのリメイクのシリーズの時の演出がカッコ良すぎて、あせあせ(飛び散る汗)

服のスタイリングも上半身、裸にタトゥーっていうのが良かったわぴかぴか(新しい)

このシーン見るだけで「生きてて良かった!」って思えるわ

あとね〜良かったのが、最後のマリエの桜庭みなみのウィッグ!

仮縫い段階でペチャっとした黒髪に白のボリュームドレスを着てた時は

「うわっ!二の腕太っ!」って思ったけど、

ランウェイではボリュームのある白のカーリーヘアが似合っていて、二の腕の太さは全然どっかに吹き飛んじゃったわね。

残念だったのは、最後のほうの桐谷美鈴ちゃんとRICAKOさんのツーショット。

人気モデルとその母なんだけど、オーラがなかったわ。

美鈴ちゃんは多色使いのアメリカンフォークロアなニット。インナーはなぜかラインストーン付黒のカットソーに

地味なグレーで、わたりがぶかぶかのハーフパンツに地味な茶のブーツ。

とニット以外が全部おばさんぽい。

そのニットを生かすなら白のコットンブラウス+スキニーデニム+ミネトンカのレースアップブーツのほうが

若々しくていいんじゃないかしらん。

RICAKOさんのほうは、チャコールグレーのカットソーに白のジャケットという色使いが、色黒で顔色悪くみえるわ。

ショールカラーがアニキ顔のRICAKOさんに似合ってないし。

ゴールドのフープピアスは良しとして、インナーをキャメルにするとか、

ゴールドに合うエルメスのカレを襟元にもってくるとかしたほうがRICAKOさんの肌色を明るく見せてくれると思うわ。



もう一つものすご〜く気になったのが、、、

なんで主役の父役の田辺誠一が着ているスーツとライバル会社社長役の風間トオルのスーツが同じなの?

どっちも一つボタンでスランテッドポケット、ナローラペル、ハイゴージライン。

風間さんのほうは、ちとイタおやっぽくしといてもよかったんじゃないかしら、年齢的に。




posted by サイミー at 13:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241158983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック